自販機は年中無休の小さな無人店舗、販売機会を逃しません。
冷凍・冷蔵・弱冷が必要な食品から、コスメや衛生用品などの物品まで、
幅広い商品の販売が可能です。

自販機そのものが世界に1台の広告塔に。
販売と広告の1台2役、人件費・広告費が抑えられてコスパも抜群。
オリジナルラッピングは様々なデザインの対応が可能となっておりますので、
お気軽にご相談ください。

ご好評いただいている冷凍自販機専用保守プラン「安心5年パック」は、
専用ダイヤルによる電話サポートや無償での出張修理対応を
365日体制でサポートします。
注)こちら冷凍自販機専用の保守プランです。

株式会社崎陽軒様の横浜市内の店舗へ導入いただきました。

株式会社崎陽軒様は、創業以来、名物である「シウマイ」をはじめとした横浜のおいしさを創りつづけている企業様です。
コロナ禍をきっかけに、新しい販売ツールとして冷凍自動販売機を導入いただきました。
今回は、広報・マーケティング部 野本様に導入までのいきさつをお伺いしました。

自販機を導入されるきっかけは何でしたか?

コロナ禍をきっかけに、お客様によりご家庭で楽しんでいただくため、冷凍製品の販売に力を入れていました。はじめはECサイトを中心に販売していたのですが、多くの飲食店が冷凍自販機を活用されていることを知り、当社も新しい販売ツールとして自販機の導入を決めました。

実際に自販機を導入してみていかがですか?

自販機は素人には使いにくい製品、というイメージがありましたが、想像よりも操作は簡単でした。製品のラインナップも7種類とちょうどいい販売数だと思っています。

導入までに一番苦労されたことは何ですか?

販売製品の選定が大変でした。自販機で販売できる製品のサイズにするために、パッケージを追加したり、パック売りにしたり・・・その度に芝江産業様には販売テストにご協力いただきました。

自販機を導入されて、お客様の反応はいかがでしたか?

「崎陽軒に冷凍製品がある」ということを、より多くのお客様に知っていただく機会となりました。
ECサイトを通じて販売はしておりましたが、今回店頭に自販機を設置したことで、多くのお客様の目に留まり、冷凍製品の認知度向上にも効果があったと感じております。

パートナー企業(株式会社Fujitaka)が対応させていただく
一部エリアがございます